ドライアイを緩和するには

症状別対策

ドライアイって?

ドライアイはご存知の通り涙の量が少なく蒸発しやすい状態で、目が乾燥することでの違和感や不快感、涙の不足などが原因で目の表面に傷や障害が生じる病気です。

はなこの目は飛蚊症があり生まれつき網膜が薄い部分があるとお医者さんに言われ、近眼もひどくてはなこの弱点は目といってもいい程です。そしてこのドライアイ。目の定期健診の時にも指摘され、ムチン入りのどろっとした目薬を出してもらいましたが…すごく苦い。目薬の味をかなり感じてしまうはなこは続けていく気力を失ってしまいました。本当はちゃんと使いきるまでささなくてはいけないんですけども。

ドライアイの原因

現代人は涙が少なくなってきていると言われています。それに加えパソコンなど何かを凝視することで瞬きをする機会も減り…はなこもゲームをしているとき目が乾くのですぐコンタクトをはずしてしまいます。元々乾燥肌なはなこは目まで砂漠化しているのです。

はなこは1dayコンタクト使用者です。ものぐさなのでちゃんとコンタクトが洗えていないということが起こりそうな恐怖心から選びました。コンタクトの長時間の使用もドライアイには良くないですよね。

ドライアイが進むとはなこの薄い網膜も剥離してしまう一因にもなりそうで怖いです。

はなこの対策は

ブルーベリー

まず一つ目にブルーベリーです。目にいい目にいいと言われ続けていますが、何がそんなにいいのか。試しにブルーベリーのサプリを飲んでみました。すると次の日からすこーしだけ目の乾燥がましな気がしてきました。はなこの場合ドライアイがひどくなってくると目の奥がひりひりとしてきます。この感覚がわかって下さる方がいると嬉しいのですが、網膜が薄くなっている辺りが乾燥でこすれているのでしょうか。大雑把に言うと 目がしんどい状態です。それが少し楽になっている感じがしました。

サプリだけでは少し物足りなくなった頃、今度は冷凍食品のそのままのブルーベリーの実を凍らせたものを買っておやつに食べることにしました。少し高いですが国産のものを選びます。

外国産のフルーツは、皮ごと食べるようなものは特に残留農薬に気を付けた方がいいと言われていますね。その農薬のせいでアレルギーになることもあるとか…!怖いです。

ブルーベリーの実、おいしい!意外と味も濃く少しの間続けておやつに食べていると、いつの間にか朝必ず目薬をさしてからゆっくり開けていた目が、そんなことをしなくても開くようになっていました。食べなくなるとまた乾く感じが戻ってきたので続けることが大切なようです。今でもたまに意識して食べるようにしています。冷凍の実がない時は、ブルーベリーのソースをヨーグルトにかけるなどして摂るのもよいかもしれません。

ドライアイ用目薬

そして二つ目に目薬。先程書いた朝さすための目薬ですね。(はなこの場合です)薬局に行ってもドライアイ用の目薬は本当にたくさんありどれがいいのか悩んでしまいます。そこで買ってみました、ごま油入り目薬。見たときに「何これ…?」となり一番興味を引かれたので選びました。次の朝さす時手探りで見つけられるようにしっかりと枕元にセット。わくわくが止まりません。

翌朝。さしてみてまず味がしないことににっこり。続けるにあたって味がしないことはすごく大切です。その日一日は目薬の効果はよくわかりませんでしたが、その次の朝。目薬をさす前に目が開きました。すごい。目がしっとりします、ごま油。目薬の場合もささなくなるとまた元の状態に戻るので続けなくてはいけませんね。

しかし、ごま油入りの目薬は続けていくうちにだんだん効果が薄れていく感じがありました。想像ですが、ごま油は油、その他の成分は水に近いので分離しほとんどのごま油の成分が先に出てきてしまっていたのではないかと。メーカーさんも中で分離しないような工夫をされているとは思うのですが、私もそれに気づいてもっと中身を振り混ぜながら使っていけばよかったのかなと思っているところです。

その他の対策

視線はできるだけ下向きに

上を向いていると涙の蒸発が増えるそうです。パソコンのモニターなどの高さを調整してみるのも良いかもしれません。

目を温める

ホットアイマスクなど今では便利なものも売られるようになりましたね。おしぼりでも良いので目を温めるとまつ毛の際にある脂腺のつまりが解消され、その結果涙の表面に油の層ができ水分の蒸発を防ぐことができるそうです。

 

ドライアイは今の所完治は難しいと言われています。自分に合った対策を気長に続けていきたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました