粉を吹く乾燥肌への対策方法は

症状別対策

乾燥肌ってどんな状態のこと?

肌の水分が不足しぴりぴりしたり痒みや痛みが出たり、ひどくなった場合白く粉をふいたりする状態のことです。はなこは秋口から春頃まで特に脛(すね)の乾燥がひどく毎年戦っています。本当にひどくなったときは皮膚科に行ってステロイドの軟膏をもらっていたことがありましたが、塗らなくていいならステロイドは塗りたくない。根本的に塗らなくていいようにしたい!そう思い対策を考えるようになりました。

はなこが考える乾燥肌の原因

こたつなどの暖房器具

元々肌の強い弱いは個人差があるかと思います。原因もやっぱり人それぞれだと思いますが、はなこが思い当たる原因としては、まずこたつやお風呂場のストーブなどの暖房器具です。冷え性もあり脚が特に冷える方は車を運転することがあると足元から温風を出すこともあると思います。それぞれ熱があたる位置を考えてみてもやはりはなこの脛の乾燥は暖房器具からの影響が大きいようです。

〇〇テックアイテム(保温下着)

その他に思い当たることとして〇〇テックなどの保温下着の存在があります。ずぼらなはなこ、服のコーディネートを考える時にも、寒い日にもタイツにはすごく助けられていましたが、〇〇テックのタイツを履きだしてしばらくすると脛の乾燥に拍車がかかった気がします。調べてみると保温下着には吸湿発熱素材が使用されているので肌から水分を吸収して熱に変えるという仕組みだそうです。

全身乾燥肌のはなこですが、上半身は今のところ脛ほど乾燥がひどい部分がないためタイツだけ〇〇テックをやめ下着のロンTだけはまだお世話になっています。自分を冷えから守るのか、肌を乾燥から守るのか…実に悩ましいところです。

乾燥は気になるけど保温下着がどうしても手放せない方は、保温下着の下に肌に優しい綿素材の下着を着て肌に接する面積を減らすという方法もテレビで紹介されていましたので試されてみてはいかがでしょうか。

はなこの乾燥肌対策

物理的に患部を原因から守る

先程原因にあげた患部への熱の影響を極力減らすため、はなこは脛に直接温風があたらないように位置を調整したり、こたつに入る時は長い靴下やレッグウォーマーで物理的に脛を守っています。先程も出てきましたが患部に直接接する生地は肌に優しい綿などを選ぶことをおすすめします。

コラーゲンの摂取

コラーゲンは肌のためにと摂っておられる方も多いと思いますが、普段から意識的に摂ると乾燥肌も全然違ってきます。はなこも毎日飲んでいる特製ドリンク(はなこ特製ドリンクの中身参照)にいつもコラーゲンも入れて飲んでいます。ドリンクは冷たいのでそれには溶けやすいコラーゲンを選んでいます。夏もクーラーで冷えるので温かいお茶などを結構飲むのですが、それにはそんなにお高いコラーゲンではなくてもいいので料理用のゼラチンを少量溶かして飲んでいます。冬が近づいてくると、コラーゲンやゼラチンを飲む量を増やして乾燥に備えるのもいいかもしれません。

肌のうるおい成分のセラミドが豊富な食材として生芋こんにゃくがテレビで紹介されていました。一日100g程摂るのがいいそうです。そのような食材ももっと見つけて食生活に取り入れていきたいですね。

ひどくなる前から保湿で予防

乾燥肌は蓄積されたダメージにより悪化します。自分の乾燥しやすい箇所が把握できてくればひどくなる前に、空気が乾燥してくる秋口からでも顔と同じような保湿方法で予防を始めるなどの対策が必要かと思います。

はなこは乾燥する時期になると洗顔後に、安いものですが毎回シートマスクを使っています。その時ひたひたの美容液が袋や手に余るのでそれを脛にしみこませるようになじませます。その後はワセリンなどを塗りフタをします。

冬も本番に差し掛かってくると秋口から頑張って予防していてもやっぱり脛がひりひりしてきます。そうなった時、薬局でも最近はいい塗薬が販売されていますよね。かゆみを抑えるだけでなく皮脂の分泌を促し乾燥肌を改善させたりするものもありますので、そういったものに頼ります。

忙しいとついつい痛みが出ていない部分のケアは忘れがちになりますが、一番ひどい時の痛みや辛さを思い出してひどくなる前に予防を心がけていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました